12.1 基本方針

沖縄科学技術大学院大学は、体系的かつ一貫性のある文書管理を行うことにより、効率的な業務運営を実現するとともに、本学の関係者及び広く国民に対する説明責任を果たしていきます。文書の作成、保存、開示、廃棄等、本学における文書管理に関する全ての業務及び手続きは、関係法令及び本章の規定に基づき行うものとします。本章の規定は、その媒体の種類が紙か電磁的記録か、或いは、使用言語が日本語か英語かにかかわらず、本学の役職員が職務上作成し、又は取得した文書であって、本学の役職員が組織的に用いるものとして、本学が保有している全ての文書に適用されます。

また、個人情報の適切な管理は、現代社会において、特に重要な法的義務となっています。その責務を果たすことができなければ、社会的信用を失い、また、金銭的な負担が生じる場合もあります。学生(受験生を含む。)、卒業生、職員、寄付者、イベント参加者等の様々な個人情報を取り扱う機関として、本学は、関係法令を順守し、適切に個人情報を使用し、保護する社会的責任を認識します。