Odontomachus simillimus

Odontomachus simillimus

ハリアリ亜科の一種であるこのアリ (画像参照)は、驚くほど早い速度で下顎を閉じて獲物を捕らえることで知られています。また、この強力な武器となる顎を地面に打ち付け、勢いよくジャンプすることによって外敵から逃れます。生物多様性・複雑性研究ユニットのアダム・バネット・ラザルス技術員は、OISTのキャンパス付近の森林で同種のアリの群れ(コロニー)を複数発見しました。撮影:Eli M. Sarnat, AntWeb

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード