Dendritic spine schematic

2012-08-08
棘突起(スパイン)

脳内でニューロンの結合部であるシナプスには、他のニューロンの軸索と呼ばれる部分から信号を受け取り、受け取った信号を残りの細胞全体へ伝える樹状突起の上の小さなとげ状の隆起である棘突起(スパイン)があり、スパインには、信号を増幅して維持するフィードバックループが存在します。本図はカルシウムイオンの流入がスパイン内のPKC(プロテインキナーゼC)とフィードバックループをどのように活性化するかを示しており、PKCはスパインの表面で信号への反応に影響を与える受容体を減少させ、シナプス間の結合を弱めています。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード