サイエンスとアートの出会い

2012-05-18

沖縄を代表する陶芸家山田真萬氏の素晴らしい陶芸作品には「命のある形の始まり」が投影されています。これは芸術と科学に共通する中心的なテーマです。展示会は平成23年11月30日までOISTで一般公開されました。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード