スコット・ルディセル

Scott Rudisel
施設管理担当副学長
国籍:米国
学歴
1982年
米国パデュー大学建築学科 学士号取得
アバウト

スコット・ルディセル氏は、アジア太平洋地域、中東、米国で35年以上の建設・不動産分野での経験を持つ熟練したシニアマネージャーです。アジア太平洋地域、中東、米国で35年以上の建設・不動産業界において、オペレーション、戦略立案、プロジェクトマネジメントの分野で豊富な経験を有しています。また、商業施設、住宅、ホスピタリティ、レジャー、マスタープランなどのプロジェクトでも素晴らしい業績を積み上げてきました。

ルディセル氏は、初期のマスタープランの段階から、設計開発、入札、請負業者の選定、プロジェクトの完成に至るまで、建設業界における豊富な実践的知識と経験をOISTに届けます。OISTが次の10年に向け発展していく中で、専門知識を活かし、恩納村の景観とコミュニティに根ざしながら、OISTを世に知らしめた強固な建築基盤の上に、さらなる世界に即効性のある科学的イノベーションの比類なきセンターへとキャンパスを導いていくことを目指します。

OIST着任前に、ルディセル氏が手がけた代表的なプロジェクトは以下の通りです。東京ランガムホテル(日本)、IBQ本部、QNB本部、新ドーハ動物園、ジュメイラガーデンシティ開発、マリーナベイ・ファイナンシャルセンター、汐留シティセンター(日本)、NCR大磯オフィス(日本)、ボニファシオ・グローバルシティ、ナショナルコンベンションホール(日本)、グランドインターコンチネンタル(日本)など。

経歴
2019年–21年
グレート・イーグル株式会社 、PEAKプロジェクトマネジメント事業副社長(日本)
2018年–19年
LOUIS BERGER(WSP)建物施設担当ディレクター
2009年–18年
KEO INTERNATIONAL CONSULTANTS A & Eサービス・ディレクター/エグゼクティブ・プロジェクト・ディレクター
2008年–09年
MERAAS DEVELOPMENT 開発担当シニアディレクター
2006年–08年
RAFFLES QUAY ASSET MANAGEMENT プロジェクトディレクター
2004年–05年
KEO INTERNATIONAL CONSULTANTS、PM/CMグループ、シニアプロジェクトエグゼクティブ
2001年–05年
NCR CORPORATION グローバルディレクター EDC (BFM) / アジア太平洋地域ディレクター
1986年–2001年
シニア・プロジェクト・ディレクター/ プロジェクトマネジャー(米国、日本、アジア太平洋地域)、NCR CORPORATION