マウス生体内ニューロンの画像化

2021-04-12

蛍光センサーで可視化した脳内のニューロン。この蛍光センサーは、ニューロン内の電圧やカルシウム濃度の変化に応じて蛍光強度が変化するもので、本動画は二光子顕微鏡を用いてニューロンを撮影し三次元的に再構成したもの。二光子顕微鏡で蛍光の変化を検出することで、ニューロンの活動をリアルタイムで測定することができる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。