高速ビデオで撮影したグリップ型とトラップ型の顎の動き

2021-03-03

高速ビデオ撮影で動きを1秒あたり48万フレームの速度で撮影し、1秒あたり30フレームで再生。トラップ型の大顎は、単純なグリップ型の機構よりも素早く加速して高速に達する。

Credit: 
Booher博士らの許可を得て、"Functional innovation promote the diversification of form in evolution of an ultrafast trap-jaw mechanism in an an an ants." より転載。CC-BY PLOS Biology