2022-07-13

OISTと国際文化会館との戦略的パートナーシップの締結 

2022年7月13日、沖縄科学技術大学院大学(以下、OIST)は、公益財団法人国際文化会館(以下、国際文化会館)との間で、戦略的パートナーシップを締結いたしました。 

OISTは、2020年1月から国際文化会館にてOIST東京オフィスを始動しています。OIST東京オフィスは、量子サイバーセキュリティーやエネルギーと気候変動についてのパブリックイベントやOISTの卓越した研究を紹介するためのショーケースイベントなどを開催し、産業界などとの関係構築を進めてきました。創立70周年を迎える国際文化会館では、世界的な知識人を招聘し、世界の課題解決に向けた取組みを推進しており、OISTのミッションである「科学技術の日本及び世界における促進」に理想的なロケーションとネットワークを有しています。

この度、国際文化会館と戦略的パートナーシップを締結することで、世界トップクラスの科学者の国際文化会館での講演プログラムなどを通して、双方の繋がりをさらに強化し、相互補完的な関係を構築します。 

国際文化会館の近藤正晃ジェームス理事長(左)とOISTのピーター・グルース理事長兼学長 (右)

本締結にあたり、OIST理事長兼学長のピーター・グルース博士と、国際文化会館理事長近藤正晃ジェームス氏は以下の通り述べました:

沖縄科学技術大学院大学 理事長兼学長 ピーター・グルース

「OISTは設立からわずか10 年で学際的科学研究と技術移転における世界的なリーダーとして大きく前進し、沖縄および日本における堅実なイノベーション・エコシステムの促進を触発する存在となっています。70周年を迎えられた国際文化会館は、アジア太平洋地域における知的交流の拠点として、国際的な影響力の向上に注力されています。OISTと国際文化会館は、国際性や文化・科学交流という点で共通した価値観を共有しています。戦略的パートナーシップにより、相互の強みをより一層高め、日本の科学技術の発展とスタートアップ文化の構築にさらなる貢献ができることを期待しています。」

公益財団法人国際文化会館 理事長 近藤正晃ジェームス

「科学技術の進歩は加速し、その影響は絶大なものとなっています。それを人類の未来にプラスとするのか、マイナスとするのか、人類の知恵が問われています。今回のOISTとの戦略的パートナーシップを通じて、最先端の科学技術についての理解が深まり、その社会実装のあり方について幅広い議論が行われることをとても嬉しく思っております。OISTは、世界の科学技術コミュニティと直結する日本の大切なハブであり、その東京における拠点の役割を国際文化会館が果たすことに深い意義を感じます。」

■沖縄科学技術大学院大学(OIST)とは

2011年に設立したOISTは、国内外から優れた人材を獲得して質の高い研究を行うことで、世界最高水準の研究拠点の形成を推進します。沖縄における技術移転およびイノベーションを促進する知的クラスターの核となることを通して、世界の科学技術へ寄与するために日本政府の主導により創設されました。先駆的大学院大学として、科学的知見の最先端を切り拓く研究を行い、次世代の科学研究をリードする研究者を育て、沖縄におけるイノベーションを促進する拠点としての役割を果たすことを使命としています。

■公益財団法人 国際文化会館とは 

日本と世界の人々の間の文化交流と知的協力を通じて国際相互理解の増進をはかることを目的に、1952年にロックフェラー財団をはじめとする内外の諸団体や個人からの支援により設立された非営利の民間団体です。事業活動は主として、文化、学術、教育などの分野において、独自にあるいは内外のさまざまな機関と協力して、各種の国際交流事業を実施するプログラム部門と、その事業を支える国際交流の場としての施設の維持運営にあたる業務部門とからなっています。

https://ihj.global/