細胞の増殖速度がレプリソームの活動速度に影響を与える様子

2022-09-28

細菌を高温で培養した場合など、増殖速度が速いときには、DNAの複製装置であるレプリソームというタンパク質の活動速度に変動が生じる。これは、複数のゲノムが同時に複製されるためであると考えられる。増殖速度が遅く、一度に1つのゲノムのみが複製される場合、レプリソームの活動速度に変動は見られない。

プレスリリース「DNAのコピー機タンパク質レプリソーム:DNA複製速度が場所によって変わることを新モデルで解明」の関連画像。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード