適応度地形 -古典型

2022-09-20

進化を山登りと捉え、この山の形状・起伏を表したのが「適応度地形」です。土地はあらゆる遺伝子配列(変異体)を表し、各地点の高度が、その変異体の適応度を表します。本画像は、古典的な適応度地形を簡略化したものです。通常、突然変異が起こると生物の適応度は失われ、山の峰から谷に落ちて生存も繁殖もしない可能性が高くなります。


プレスリリース「10万個の突然変異ネットワークを追跡」の関連画像。

 

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード