量子誤り

2022-09-15

量子ビットはデコヒーレンスと呼ばれる環境要因の影響を受けてランダムに回転する。中央の図の中心で反転している量子ビットは、量子誤りを表している。QECスキームは、このような誤りを検出・訂正して量子ビットを元の状態に戻す役割を果たす。

この画像は、プレスリリース "MBE-CQEC: 量子の誤りを訂正する新たなスキーム"の関連画像です。

Credit: 
サンカ・ボラ(OIST)

高解像度イメージをダウンロード