研究論文の図解

2022-09-09

Tob遺伝子を欠失させると、恐怖や抑うつを示す行動が誘発された。これは、海馬と前頭前野の機能的なつながりが変化していることを示す。またTob遺伝子欠失で、海馬の神経細胞は興奮し、抑制されなかった。また、他の遺伝子やタンパク質の発現もTob遺伝子の支配を受けていた。

本図関連プレスリリース:「“飛ぶ”遺伝子が抑うつ、恐怖、不安に密接に関係」

 

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード