種の希少度を示す世界地図

2022-08-04

本世界地図は、種の希少度(分布範囲が非常に狭いアリの種が多い地域)を示しています。色が塗られている地域は、いずれも分布範囲が狭いアリの種にとって重要な地域であることを示しています。赤色で示した地域は、他の地域よりも研究が進んでいるため、重要性が高く見えている可能性がある地域です。紫色で示した地域は、現在のデータに基づいて重要であるとみなされていると同時に、今後サンプリングが進んだ後も重要性が高いとみなされる可能性が高い地域です。青色で示した地域は、機械学習プログラムにより、分布範囲が狭い未知の種が潜んでいると予測される地域です。この地図は、今後探索すべき範囲を示す宝地図の役割を果たします。本画像は、本研究論文に掲載された図を編集したもので、プレスリリース「アリの多様性を地図化、未発見種の生息が推測される地域を特定」の関連画像です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード