コスタリカで撮影されたアリ(Ectatomma tuberculatum)の写真

2022-08-04

コスタリカで撮影されたアリ(Ectatomma tuberculatum)です。アリは、陸上動物の生物量の大部分を占めますが、世界規模での多様性は明らかになっていないと研究チームは述べています。本研究によって、世界規模のアリの多様性を推定し可視化した高解像度の地図が作成されました。本画像は、プレスリリース「アリの多様性を地図化、未発見種の生息が推測される地域を特定」の関連画像です。

Credit: 
Dr. Benoit Guénard

高解像度イメージをダウンロード