D13の構成要素から形成される円筒状と球状の三次元構造

2022-03-31

D13の構成要素はハニカム(はちの巣)格子を形成し、さらに拡大して円筒状や球状の構造体を形成した。本動画は、プレスリリース「ねじれた足場: クライオ電子顕微鏡でポックスウイルスの構成要素が明らかに」の関連動画です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード