網膜における神経細胞の層構造

2022-03-22

眼は、眼球の奥に光の焦点を合わすことで機能します。そこには光受容体と呼ばれる光を感知する細胞が存在します。これによって活性化された電気信号が神経細胞の層を介して伝達されます。内網状層では、網膜神経節細胞を含む3種類の神経細胞が神経回路を形成しています。特に、網膜神経節細胞の長い突起は軸索と呼ばれ、視神経を形成し、脳の視覚中枢に投射しています。本画像は、プレスリリース「生き続ける:網膜神経細胞の生存に必要な遺伝子に注視」の関連画像です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード