運動量空間における励起子の画像

2022-03-10

本画像は、励起子を構成する電子と正孔の運動量空間上での画像です。赤い塊は電子を表しています。上の画像はエネルギーを得て励起子を形成する電子、下の画像はそれぞれの電子に対応する正孔(丸で囲まれた部分)を示しています。正孔の周りをエネルギーを得ていない電子が取り囲んでいます。極端紫外線領域の光ビームを照射して材料から放出された電子の角度と速さを測定することで、エネルギー運動量空間をマッピングしました。Nature誌に掲載されている本画像は、プレスリリース「科学者が捉えたモアレ励起子の束の間のダンス」の関連画像です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード