モアレ模様の描写(イメージ図)

2022-03-10

わずかに異なる2枚の層を特定の角度で重ね合わせると、モアレ模様が生じます。分光学の分野では、モアレ模様に合わせて材料中のエネルギー準位が変化します。この現象が「モアレポテンシャル」です。研究チームは、エネルギーが最小となる場所に励起子が集中する傾向があることを発見しました。本画像は、プレスリリース「科学者が捉えたモアレ励起子の束の間のダンス」の関連画像です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード