励起子形成の描写(イメージ図)

2022-03-10

半導体材料に光を照射すると、光の粒子が材料中の電子(図中の青色の粒)と相互作用します。その結果、電子は高いエネルギー準位に励起し、その際にエネルギー準位の低い元の場所に正孔が空きます。この電子と正孔は逆に帯電しているため、お互いの周りを回転し、一瞬の間、励起子を形成します。本画像は、プレスリリース「科学者が捉えたモアレ励起子の束の間のダンス」の関連画像です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード