ペロブスカイト結晶構造

2022-01-25

金属ハロゲン化物ペロブスカイトの結晶構造では、金属原子(濃い赤色の球)をハロゲン化物イオン(緑色の小球)が取り囲む八面体構造(ピンク色)をとる。4つの八面体の中央には、陽イオン(オレンジ色の球)が存在する。本画像は、プレスリリース「青色ペロブスカイトLEDの安定化には左右非対称性が鍵」の関連画像です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード