トップダウンとボトムアップの相互作用における押し引きを示す模式図

2021-12-13

この概略図は、世界に予知的に行動を伴い作用するトップダウンの経路(青い線)とその結果を知覚認識するボトムアップの経路(赤い線)を示しています。 これらの2つの経路は、それらの密な相互作用によって交じり分離不可能になります。Tani (1998)より引用。

ロボットが経験に基づいて行動を変更する仕組み

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード