ニシュタ・ラナワット博士

2021-12-07

OISTの元博士課程学生で、eLifeに掲載された研究の筆頭著者であるニシュタ・ラナワット博士は、この研究で明らかになった知見がいつかミクログリアの幹細胞を標的とした神経変性疾患治療につながる可能性があると語っています。本画像は、プレスリリース「発生期の免疫細胞の移動経路がゼブラフィッシュの網膜で明らかに」の関連画像です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード