海側と河川側のマングローブ

2021-10-25

海側で生育するマングローブ (左)は高い塩分濃度にさらされ、樹高が低く、河川側のマングローブ (右)は塩分濃度が低い汽水域にあり、樹高が高く、幹が太く、葉も大きいことが分かりました。これらの木の調査は、プレスリリース「ストレスに強いマングローブの遺伝子の秘密を解明」で紹介された研究の一環としてマティン・ミリェガネ博士(写真)のチームによって行われました。本画像は、同プレスリリースの関連画像です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード