認知症患者と健康な高齢者における代謝物の濃度の違い

2021-09-10

ヒートマップ(代謝物の高値を赤色、低値を青色で示したもの)より、特定の代謝物と認知症との関連性が明らかになった。概して、サブグループAの代謝物は認知症患者で高値を示し、健康な高齢者で低値を示している。サブグループB〜Eの代謝物は、その逆の傾向を示した。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード