自転するラブルパイル小惑星の観測画像と形状のシミュレーション画像

2021-09-06

2018年と2019年にダイヤモンド形の2つのラブルパイル小惑星が地球の近くで観測され、無人探査機によって撮影された。OISTとラトガース大学の研究チームは、通常は粒状体の流れを説明するためにのみ使用されている単純なモデルを用いて、その珍しい形状を説明した。本画像の左側が小惑星の1つであるベンヌの写真で、右側が本モデルによるシミュレーション画像である。見てわかるように、シミュレーション画像の形状がベンヌの形状と一致している。
本画像は、プレスリリース「空に浮かぶダイヤモンド」の関連画像です。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード