リチウム硫黄電池の製造過程

2021-08-10

研究チームは電池を最適化するために、反応過程を加速させると同時に不要なポリスルフィドを吸収できる構造を生成しました。カーボンナノチューブ(CNT)のフレームワークを使用し、その上から窒化チタンと二酸化チタン(TiN-TiO2)の層でコーティングしました。窒化チタンは、製造過程で発生したポリスルフィドを吸収し、二酸化チタンは、多硫化リチウムから最終生成物である硫化リチウム(Li2S2またはLi2S)への変化を加速させる役割を果たしました。本画像は、プレスリリース「スピードと吸収が新型二次電池の最適化のカギ」に掲載されています。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード