国別で示した自然保護区の保全効果

2021-07-13

OISTの研究者であるパヤル・シャー博士は、自然保護区の保全効果に関する世界規模の研究を行い、国別に「最も低い」(赤)から「最も高い」(深緑)までの範囲で評価しました。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード