オーストラリア、スコット・サンゴ礁で白化したサンゴ

2021-07-08

海水上昇の波が世界のあちこちで起き、サンゴは微細藻類である褐虫藻を失い、白化しています。OISTでは、海洋ゲノム科学研究部門を率いる佐藤矩行教授が、サンゴ(動物)と褐虫藻(藻類)がどのような相互作用を通して共生し、それがどのように崩れて白化が起こるのかを、培養細胞系を駆使して研究しています。

Credit: 
オーストラリア海洋科学研究所提供

高解像度イメージをダウンロード