陸上におけるハリケーンの熱力学

2021-06-14

ハリケーンが陸地に移動すると、水分の供給がなくなり、空気中の水分量が減少する。空気は、水蒸気が収容できなくなる温度に低下する前により高度に上昇するため、水蒸気の凝縮による熱の放出がより高い位置で発生し、暖気核がハリケーンの上半分に縮小する。一方で下層には上昇する空気によって寒気核が形成される。ピナキ・チャクラボルティー教授とリー・リン博士はPhysical Review Fluids誌に掲載された研究の一環として、ハリケーンの熱力学を研究した。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード