2種類の異なるイソギンチャクを宿主とするクラウンアネモネフィッシュは、白い帯模様を形成する速度が異なる

2021-05-21

クマノミ属のクラウンアネモネフィッシュ(Amphiprion percula)は、変態時に鮮やかなオレンジ色になり、頭から尾びれにかけて順に3本の白い帯模様を形成する。宿主とするイソギンチャクの種類によって、この白帯が形成される速度が異なる。年齢と大きさが同じクラウンアネモネフィッシュでも、センジュイソギンチャク(Heteractis magnifica)(左)を宿主とする個体の方が、ハタゴイソギンチャク(Stichodactyla gigantea)(右)を宿主とする個体よりも白帯が少ない。この画像は、生後150~200日のクラウンアネモネフィッシュの典型的な姿を示す。これらの知見は、海洋生態進化発生生物学ユニットを率いるヴィンセント・ラウデット教授が調整役を務めたPNAS研究で得られた。

Credit: 
台湾中央研究院Fiona Lee(李馥芳)さん

高解像度イメージをダウンロード