2種のイソギンチャクであるセンジュイソギンチャク(Heteractis magnifica)とハタゴイソギンチャク(Stichodactyla gigantea)

2021-05-21

クマノミ属のクラウンアネモネフィッシュ(Amphiprion percula)は、長い触手を持つセンジュイソギンチャク(Heteractis magnifica)(左)と短い触手を持つハタゴイソギンチャク(Stichodactyla gigantea)(右)のどちらかを宿主とする。イソギンチャク類は、触手に毒のある刺胞を備え、外敵からクマノミ類を守る働きをする。クマノミ類もまた、宿主であるイソギンチャク類を外敵から守り、さらに栄養と酸素を供給する。海洋生態進化発生生物学ユニットを率いるヴィンセント・ラウデット教授は、イソギンチャクの種類によってクマノミの白い縞模様の形成にどのような影響が出るかを調べるPNASの研究の調整役を務めた。

Credit: 
林希奈さん

高解像度イメージをダウンロード