OIST抗体検査の結果

2020-10-15

スパイクタンパク質の一部分である受容体結合ドメイン(RBD)を使用した1段階目の検査では、63のOISTサンプルが閾値を超えており、血清中にこの抗原を認識する抗体が含まれていることを示す。1段階目で反応があった血清を段階希釈し、3量体スパイクタンパク質複合体に対して検査を行ったが、いずれも陽性とはならなかった。対照実験には、2019年12月以前に採取された陰性対照血清と、今年初めに沖縄で発生したSARS-CoV-2集団感染において、PCR検査で陽性となった者から採取した陽性対照血清を用いた。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード