ティモシー・ラバシ教授と博士課程の学生マイケル・イズミヤマさん

2020-09-29

ティモシー・ラバシ教授と博士課程の学生マイケル・イズミヤマさんが沖縄県にある活火山島の硫黄鳥島を訪れた際の様子。今年9月、ラバシ教授とマイケルさんは複数の研究機関による共同研究の一環として、将来海で起こりうる条件を模倣し、水中のCO2シープに対して魚類群集がどのように反応しているかを調べるために島を訪れました。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード