コストベネフィット(費用対効果)意思決定プロセスのラットによる実験

2020-09-18

この単純な行動実験では、ラットが、彼らにとっては不快な明るい照明下で提供される質の良い餌と、彼らにとって心地の良い薄暗い照明下で提供される質の低い餌のいずれかを選択する。ラットがどちらの選択をするかは、視床下部からの信号が影響している可能性がある。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード