フィジーのアギトアリ属に観察される下顎の長さの種間変異

2020-07-17

フィジーのアギトアリは、その頭部の大きさに比較して、下顎長が極端に多様化している。左の写真は下顎が短い種で、右の写真は下顎が長く発達した種。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード