小さなノンコーディングRNAによるイネの生殖システムのモデル図

2020-06-17

マイクロRNAは、長鎖ノンコーディングRNAを切断することにより、さらに、二次的な多種多様な小分子RNAの生成を促す. さらに、雄しべでは、この二次的な小分子RNAには、核酸を構成するアデニン (A)、ウラシル (U)、グアニン (G)、シトシン(C) のうち、ウラシルリッチな特徴的配列がみられ、雄しべのアルゴノートタンパク質と結合して、発生を制御している可能性が示唆される。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード