ロボットアームと感覚代行デバイス

2020-05-18

腕の動きの記録・再現が可能なロボットアームを持つフロース准教授(左の写真)と振動によって被験者が障害物を「見る」ことができる小型の感覚代行デバイス(右の写真)。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード