図4 シナプス前末端におけるイソフルランの作用。

2020-04-24

図4 シナプス前末端におけるイソフルランの作用。A: 電位依存性カルシウム(Ca)

チャネル電流の可逆的抑制(WO; washout)。サンプルトレース(上段)と電流電圧曲線(下段)。B: Ca流入量(横軸)と小胞開口放出量(縦軸)の関係。Ca流入量が増えると、開口放出が飽和して最大値に達する(黒)。イソフルラン(赤)はCa流入以降の開口放出機構に作用してこの最大値を抑制する。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード