低密度および高密度での励起子相互作用

2020-03-23

励起子密度が低いと、相互作用は特定の方向に沿って一次元でのみ発生する(左図)。励起子密度が高いと、相互作用は両方向に沿って二次元で発生する(右図)。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード