光磁気トラップ

2020-02-26

研究者らは、磁気光学トラップ(MOT)と呼ばれるデバイスを使用し、ルビジウム原子を捕獲して冷却、リュードベリ状態にまで励起させた。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード