アコヤガイ個体群の分布地図

2020-01-10

西太平洋にあるアコヤガイ個体群の分布。(A) 採取地域は、JPN:本州、四国、九州を含む日本本土、NAN:南西諸島、CHN:中国、KHM:カンボジア、MMR:ミャンマー。 (B) 全ゲノムSNPデータを用いたPCA(主成分分析)では、北部集団(日本本島)が南部集団(カンボジア、中国、南西諸島)から遺伝的に分岐したことが明らかになった。インド洋ミャンマーにおける個体群は、地理的障壁のため太平洋のその他の個体群と識別可能。さらに日本の鹿児島県上甑島の個体群は、砂州により海から隔離されたラグーン(潟湖)に生息するため、遺伝的に特有である。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード