ルテニウムをその場で観察

2019-10-16

装置ではまず、ルテニウムのナノクラスター(Ru)を支持体に取り付け、200℃に加熱します。時間の経過とともに、金属が空気中の酸素と反応し、酸化ルテニウム(RuOx)が形成されますが、この反応は支持体の電流の変化として検出され、触媒プロセスがどのように進むのかを説明することができます。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード