ニハイチュウ

2019-07-04

沖縄科学技術大学院大学(OIST)および大阪大学の研究者らは、XX付けのGenome Biology and Evolution誌に発表された研究で、寄生動物であるニハイチュウのゲノム配列を発表した。ニハイチュウはたった30個の細胞で構成されており、タコその他の頭足類の腎嚢内に見られる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード