チェリー・マレイOIST理事会議長

2019-05-28

OIST理事会議長のチェリー・マレイ博士は、OIST創設におけるブレナー博士の重要な役割に焦点を当てるとともに、博士の自伝から言葉を紹介しました。「科学者は受賞歴や才能などによってではなく、その人が育てた人材の質で評価されるべきである。」そしてこう付け加えました。「そうであるならば、博士のレガシーは、OISTを作り、未来の学生を生み出したことでずっと生き続けるでしょう。」

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード