2020-05-08
Type: 写真
2020-04-24
図4 シナプス前末端におけるイソフルランの作用。A: 電位依存性カルシウム(Ca) チャネル電流の可逆的抑制(WO; washout)。サンプルトレース(上段)と電流電圧曲線(下段)。B: Ca流入量(横軸)と小胞開口放出量(縦軸)の関係。Ca流入量が増えると、開口放出が飽和して最大値に達する(黒)。イソフルラン(赤)はCa流入以降の開口放出機構に作用してこの最大値を抑制する。
Type: 写真
2020-04-24
図3 ラット脳幹スライス、カリックス・シナプスにおける麻酔薬の作用。 A:シナプス前末端(プレ)とシナプス後細胞(ポスト)からの活動電位(AP)同時記録。 B:2-200 HzのプレAP(緑)によって誘発されるポストAP。イソフルラン投与前(黒)投与後(赤)。 C:プレの刺激頻度に依存するポストAPの発火率(%)。
Type: 写真
2020-04-24
図2 A:実験方法:頭部を固定したマウスの大脳皮質第5層の32箇所に記録電極を置いて、約150個のニューロンから活動電位の発火を記録した。 B:上段:ランダムに発性する自発性発火に加えて、光感受性イオンチャネルを発現させたシナプス前ニューロンを青色光で刺激すると、刺激直後の一定のタイミングで発火が誘発される。活動電位(AP)発火を黒点表示。200回刺激を繰り返している(Trials)。...
Type: 写真
2020-04-24
図1 意識レベルの低下(上段→下段)に伴う脳波の変化
Type: 写真
2020-04-22
Type: 写真
2020-04-16
トラップクラスター(水色)が特定の粒子の境界で検出された。
Type: 写真
2020-04-14
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ