2019-12-25
図1 (A)軸索とシナプス前末端 (B) シナプス伝達 細胞の中に張り巡らされてる細胞骨格タンパク質は、微小な管状構造をしているチューブリン重合体「微小管」と、螺旋状の繊維状構造のアクチン重合体「アクチン繊維」から形成され、これが細胞の構造と機能を支えている。神経細胞の微小管は軸索に存在していて、細胞体とシナプス前末端の間をつなぐレールとして分子やオルガネラの輸送を行っている(図1A)。...
Type: 写真
2019-12-20
ミミジロコバシミツスイのさえずりを示すスペクトログラム。
Type: 写真
2019-12-16
アコヤガイは1世紀以上にわたり日本で養殖されている。
Type: 写真
2019-12-16
日本の真珠貝(アコヤガイ)
Type: 写真
2019-12-10
放射温度計(左図のプロトタイプ)は、マイクロ波を利用して乳房(右側のスキャン)など体の一部を走査し、体内の温度を測定する。
Type: 写真
2019-12-09
共著者であるジェフリー・ジョリーが撮影したEuprymna brenneri (ブレナーミミイカ)
Type: 写真
2019-11-21
ペロブスカイト表面の2つの画像は、表面のイオンの転移と、その転移を引き起こす空孔を示している。
Type: 写真
2019-11-21
OISTエネルギー材料と表面科学ユニットでは、ガラスなどの材料の上にペロブスカイト化合物を積層して形成されるペロブスカイト太陽電池を研究している。
Type: 写真
2019-11-19
蛍光標識分子を1分子分解能で追跡する顕微鏡は、楠見明弘教授が率いる膜協同性ユニットが組み立て、AMPA型グルタミン酸受容体の分子の組み立てを解明した。
Type: 写真
2019-11-19
海ぶどう(左)と陸上植物(右)における光合成に関わる遺伝子が盛んに働いている部位(緑色)とDNAの合成に関連する遺伝子が盛んに働いている部位(橙色,矢印)の比較。
Type: 写真
2019-11-19
果物のブドウに似た房の部分(Fronds)とつた状上の部分(Stolon)
Type: 写真
2019-11-19
シナプス内では、多数のAMPA受容体のサブユニットが濃縮されているため、単量体はすぐに四量体となるが、四量体の寿命は0.1~0.2秒なので、すぐに分解する。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ