2020-01-23
銅メカノフォアは2つのポリマー鎖を連結する。ポリマーが引き伸ばされると(図のFは力)、メカノフォアが明るく光る。
Type: 写真
2020-01-15
(左)パイプ内の流れ。流れは高速で乱流となり、中間的な速度では遷移流となる。遷移流は渦と層流(低速で一定で規則的な流れ)の混合である。渦の流れには様々な種類がある。「スラグ」とは、下流に向かうにつれて激しくなる流れで、「パフ」は一定のサイズを維持しながら下流に流れる流れ。(右)左図で囲いのついた領域内の流れに対応するエネルギースペクトル図。流れの種類にかかわらず、...
Type: 写真
2020-01-15
(左図)ダ・ビンチの乱流プールの渦のスケッチ。(右図)ダ・ビンチのスケッチ内の四角で囲まれた領域内の流れに対応するエネルギー・スペクトル図。
Type: 写真
2020-01-10
パイロクロアは四面体形の頂点に磁性原子が並んだ結晶格子構造をもち、それぞれの頂点が隣の格子と結合している。
Type: 写真
2020-01-10
コンピュータが再現した状態図。実線と点線は研究者が以前の研究で機械学習なしで調べた境界線。
Type: 写真
2020-01-10
生成された状態図。パイロクロア格子上の最も単純なモデルに存在するすべての異なる磁気相を示す。III、VI、V相はスピン液体。
Type: 写真
2020-01-08
スロットマシンで「み」を見せると、参加者は66%の確率でお金を受け取れる。スロットマシンで「そ」と表示されると、お金を受け取れない。
Type: 写真
2020-01-08
赤色の点はこの研究で調べられた線条体の領域。研究者らは線条体領域と内側前頭前野領域(青い点)との相関を計算した。
Type: 写真
2020-01-08
左側にある図は、焦点をずらしたマイクロバブル共振器(上)と焦点の合っているマイクロバブル共振器(下)の光熱マップ2枚。右側にある2枚の写真は異なる形状の2つのマイクロバブル共振器の光学顕微鏡写真2枚。図中の白色スケールバーの長さはいずれも20μm。 画像提供: ACS Nano; https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acsnano.9b04702...
Type: 写真
2019-12-25
図4 左図、シナプス前末端、シナプス後細胞からの活動電位同時記録。 中央図、100 Hzのシナプス前末端活動電位によって後シナプス細胞に誘発された活動電位。刺激開始後1-2秒後(上段)、23-26秒後(中断)、49-50秒(下段)の記録。コントロール(黒)、微小管脱重合後(赤)、アクチン繊維脱重合後(緑)。右図、刺激後40-50秒の時点で誘発された活動電位の割合(%、シナプス後細胞活動電位数/...
Type: 写真
2019-12-25
図 3 放出部位の小胞補充速度に対する微小管、アクチン繊維の脱重合効果 小胞枯渇によるシナプス抑制後に、シナプス応答(EPSP/EPSC)が回復する時間経過。ここから小胞補充速度が算出される。微小管の脱重合はtsを特異的に延長させる(赤とピンク)。(B) 小胞補充速度と微小管脱重合程度の相関。 (C) アクチン繊維の脱重合は、即時補充速度(tf)を特異的に延長させる(緑)。
Type: 写真
2019-12-25
図2 ヘルドのカリックスにおける微小管(緑)とシナプス小胞(赤または黄色)の部分的共存をSTED像の3次元再構築により画像化。小胞の約半数(赤)が微小管から100 nm以内(平均距離44 nm)に存在し、他の半分(黄色)は100 nmより遠隔に存在する。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ