2020-03-23
励起子密度が低いと、相互作用は特定の方向に沿って一次元でのみ発生する(左図)。励起子密度が高いと、相互作用は両方向に沿って二次元で発生する(右図)。
Type: 写真
2020-03-23
励起子-励起子消滅は、2つの励起子が相互作用することによって起きる。一次元系相互作用(左図)と二次元系相互作用(右図)は異なる特徴を持つ。一次元系における励起子相互作用は、スクールバスの中で並んで座って話している子どものようなもので、例えば励起子4は、隣の励起子3または5とは相互作用できるが、空間的な制約により励起子1や2とは相互作用できない。これに対して、二次元系では運動場で遊ぶ子どものように...
Type: 写真
2020-03-16
画像aは、バクテリオファージT4ウイルスの既知の構造、 画像bは今回記録されたホログラム画像。 画像cとdは、それぞれ振幅と位相からのコントラストを示した再構築画像。
Type: 写真
2020-03-16
ホログラフィックモードでは、電子ビームは試料全体を取り囲み、参照波と物体波を形成。 これらの波は互いに干渉してホログラムを形成し、それが検出器によって記録される。
Type: 写真
2020-03-16
走査型電子顕微鏡の2つの従来のモード(SEMとSTEM、上の写真の左と中央)では、生体分子の画像は生成できなかった。一方、新しく追加したホログラフィック・イメージングモード(右)は、写真のように、タバコモザイクウイルスなどの生体分子のイメージングに成功。
Type: 写真
2020-03-11
2つの対向する,低流速(左)で流れる水が十字交差部で合流すると、流れは対称的に分かれて流れ続け、その結果,細胞は中心で引き延ばされる。中流速(右)に上げると、小さな流動不安定性の増大によりらせん渦が形成され、十字交差部の中央で細胞を変形させる。
Type: 写真
2020-03-11
チップデバイスは、十字交差(青い点線内)とそれに続くT字分岐(紫の点線内)を形成するように作られたマイクロ流路で構成される。矢印は、細胞を含む液体が流れる方向を示す。 出典元より許可を得て掲載しています: Reprinted with permission from Intracellular Nanomaterial Delivery via Spiral Hydroporation....
Type: 写真
2020-02-26
研究者らは、磁気光学トラップ(MOT)と呼ばれるデバイスを使用し、ルビジウム原子を捕獲して冷却、リュードベリ状態にまで励起させた。
Type: 写真
2020-02-26
足の剛性に関しては、縦方向のアーチは十分に研究されているが、本研究では横方向のアーチがより重要である可能性を示した。
Type: 写真
2020-01-31
コウイカはさまざまな背景に合わせてカモフラージュができます。上の写真のどこにコウイカがいるかわかるでしょうか。 Photo credit: Keishu Asada.
Type: 写真
2020-01-27
ガラスマイクロチャネルの写真。チャネルの中心に細長いガラス微小シリンダーを露出させるため、側壁の一つを除去している。大きさを比較するために1円玉を配置。
Type: 写真
2020-01-23
開発された銅錯体は、点線で囲った炭素鎖の部位がより大きくなるほど柔軟性が下がり、発光強度が増大する。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ