2020-12-15
研究グループは、新たに同定された多くのSVタンパク質の中に脳疾患に関連するものが多数あることを明らかにした。
Type: 写真
2020-12-15
神経細胞は、私たちの体内の電気配線のようなもので、シナプスでつながっている。シナプスは、情報伝達に重要な役割を果たしている。シナプス内には、シナプス小胞(SV)のような複雑な分子装置があり、それらが共同作業して神経伝達を適切に行うように機能している。今回の研究では、シナプスを構成するすべてのタンパク質を網羅するシナプスプロテオーム解析を行なった。
Type: 写真
2020-12-15
2006年には、たった1つのタンパク質固有ペプチド配列からシナプスタンパク質が同定された。しかし、同じタンパク質に新しい方法を用いると多数の固有ペプチドが分離された。 
Type: 写真
2020-12-14
イオントラップは、この小さな粒子の動きを減速させて空間中で留まらせ、観察できるようにする。この画像では、ちょうど中心部に原子が見える。
Type: 写真
2020-11-30
まず光ポンプパルスで電子を励起して励起子を生成する。その後、極端紫外光パルスの光子が励起子内の電子を物質から電子顕微鏡内の真空中に取り出す。飛び出してきた電子のエネルギーと角度を電子顕微鏡で測定する。
Type: 写真
2020-11-30
遷移金属ダイカルコゲナイド単層(TMDs)として知られる新たなクラスの半導体は、グラフェンに似た構造を持っています。 TMDsは、六方晶の結晶格子を形成するように配置された原子1層のみで構成されています。
Type: 写真
2020-11-26
内側前頭前野(mPFC)、前頭眼窩野(OFC)、側坐核(NAc)それぞれに投射するセロトニン神経(黒い矢印)を刺激したときに、不確実なタイミングでエサが出る課題(例:エサが2、6、10秒後のいずれかで出る)と、一定のタイミングでエサが出る課題(例:エサが必ず6秒後に出る)とで報酬を待つ行動にどのような影響が生じるのかを調べました。その結果、...
Type: 写真
2020-11-26
背側縫線核(DRN)のセロトニン神経(緑色の矢印)は、側坐核(NAc)、前頭眼窩野(OFC)、内側前頭前野(mPFC)など複数の脳領域に投射する。
Type: 写真
2020-10-30
ハリケーンが上陸してから弱まるまでの時間と海面水温の間に強い相関関係があることを発見
Type: 写真
2020-10-30
左のグラフは、50年前のハリケーン(青)に比べて、現在のハリケーン(赤)は平均的な勢力の衰え方がゆるやかになっていることを示す。右のグラフでは、現在のハリケーン(赤)の減衰が遅いことで、より強い勢力を持って内陸に侵入することを意味する。ハリケーンが陸地に突進し、標準的な速度として秒速5メートルで前進していることを示す。
Type: 写真
2020-10-15
本研究において、ミドリイシ属サンゴは約1億2千万年前に他のサンゴから分岐したことが示された。そして約6千年前に28種の新規の遺伝子ファミリーを獲得し、多くの種類の分岐に至るミドリイシ属の多様化が起こった。
Type: 写真
2020-10-15
スパイクタンパク質の一部分である受容体結合ドメイン(RBD)を使用した1段階目の検査では、63のOISTサンプルが閾値を超えており、血清中にこの抗原を認識する抗体が含まれていることを示す。1段階目で反応があった血清を段階希釈し、3量体スパイクタンパク質複合体に対して検査を行ったが、いずれも陽性とはならなかった。対照実験には、2019年12月以前に採取された陰性対照血清と、...
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ