2020-09-14
プルキンエ細胞の集団が急速に発火すると、同期が緩くなる。これは一定間隔で発生する集団スパイクにより観察できる(黄色の楕円形で表示)。プルキンエ細胞の発火が遅い場合、このような同期は発生しない。
Type: 写真
2020-09-11
ナノスパイクにより吸収される光の波長は局所的な環境によって変化する。この原理が、タンパク質被覆ナノスパイクに結合した抗体の存在とその量を検出する基本となります。
Type: 写真
2020-09-11
緑色の矢印はシリンジポンプの働きによりサンプルがチップ内を流れる方向を示す。
Type: 写真
2020-08-31
膵β細胞特異的CNOT3欠損マウスでは、インスリン産生細胞が減少し、糖尿病を発症する。
Type: 写真
2020-08-21
画像の下方に皮質の第6層のニューロンの細胞体がある。ニューロンは樹状突起を持ち、この樹状突起は皮質の他の層を通りながらそれぞれの層から情報を受け取る。第6層のニューロンは、皮質全体の長さにもなる。
Type: 写真
2020-08-21
目で検出された視覚情報は視覚視床(Thalamus, 感覚器官から皮質の感覚野へ情報伝達を調節している皮質下の構造体)を通り、1次視覚皮質へと運ばれる。この情報の流れの調節には、最深部の皮質層である第6層(Layer 6)が関与していることが知られている。 
Type: 写真
OIST G0細胞ユニットと京都大学の研究者が行った、メタボロミクス解析
2020-08-14
OIST G0細胞ユニットと京都大学の研究者が行った、メタボロミクス解析。メタボロミクスは、生きている細胞が合成・代謝する小さなメタボライト(低分子代謝物)を、網羅的に計測する最先端技術。 解析結果により、絶食による多彩な代謝活性化が判明し、絶食はむしろ非常に活発に代謝活性化を誘導することが判明した。
Type: 写真
2020-08-03
ゴキブリやシロアリの細胞内に生息するブラタバクテリウムを顕微鏡で観察。
Type: 写真
2020-07-15
ペロブスカイト太陽電池とモジュールは複数の層で構成されており、各層に特定の機能がある。
Type: 写真
2020-07-15
Type: 写真
2020-07-08
沖縄島(青)、宮古島(緑)、西表島(赤)で採集されたオニヒトデは小さな5つの集団に最近分岐したことがわかります。これは集団のサイズが小さくなりそこから複数の新しい系統が生まれたこともを示唆しています
Type: 写真
2020-07-08
琉球列島で採集されたアオヒトデは、2つの大きな集団L1とL2/L3に分かれる。L2/L3はさらにL2とL3の集団に分かれる。この系統図は、石垣島と沖縄島のそれぞれには、生殖的に交雑しない、2つの種が存在することを示唆している。 
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ