タンパク質結晶内のpHを可視化
2012-08-10
 タンパク質は生命の分子機構を構成しています。タンパク質は細胞の構造を形成したり、イオンを汲み出したり、反応を触媒したり、メッセンジャーを認識するといった役割を果たしています。  タンパク質の構造を解明するため、研究者はタンパク質を結晶化したのち、X線回折技術を利用します。しかし、タンパク質の構造や機能は、たんぱく質を取り囲む溶液中のpH(水素イオン指数=物質の酸性・...
Type: 写真
Lugaro cells and a Golgi cell
2012-08-07
 脳は様々な種類の神経細胞で構成されています。これら神経細胞は樹状突起と軸索と呼ばれる細長い構造をもっており、これらは互いに複雑に絡み合っています。  脳の働きを理解するためには、異なる種類の細胞を視覚化するだけではなく、行動中の動物の脳内でこれら細胞がどのような活動をするのかを分析することが重要となります。OIST光学ニューロイメージングユニットではプリンストン大学の研究チームと協力して、...
Type: 写真
2012-05-18
Shintake Radiationを使って電子を円状に動かすとシンクロトロン放射ができる(中心方向への加速度により電磁放射が発生する)
Type: 写真
2012-05-18
ヘルミナ・ネドレスク(アントワープ大学の学生でかつて計算脳科学ユニットにて研究)は、成体小脳内のプルキンエ細胞が密集した「ニューロンの森」の謎を解明するため、遺伝学、顕微解剖学、そして計算解剖学を組み合わせた研究を行っています。
Type: 写真
2012-05-18
胎児マウス由来の大脳皮質神経細胞は、きれいな形状をした樹状突起を伸ばしています(緑色)。一方、赤色のドットは、樹状突起上のスパインです。 この実験からシナプス形成しない場合、スパインは凝集し、樹状突起と相関しないことがわかります。
Type: 写真
2012-05-18
行動の脳機構ユニットの研究者らは異なる領域に2種類の神経細胞を培養しました。胎児由来の大脳皮質神経細胞が緑色、伸長した樹状突起が赤色に染められています。また、青色に見える突起は、大脳皮質神経細胞から線条体神経細胞への軸索です。通常、脳内では大脳皮質は線条体と軸索を伸ばし、シナプス形成を行っています。
Type: 写真
2012-05-18
沖縄近海水面温度変化のシミュレーション(開発中)。このシミュレーションをもとにサンゴの幼生の分散パターンを予測し、沖縄のサンゴが近隣地域とどのように繋がっているかを調べていく予定です。
Type: 写真
2012-05-18
G0細胞ユニットの研究者らは、分裂酵母細胞とヒト細胞において実際に必要とするグルコース濃度は驚くほど似ていること、また、グルコース飢餓によって分裂酵母の寿命が延びることを発見した。この論文はFaculty of 1000により選出され、評価されている。「Faculty of 1000 (F1000)」とは、生物学と医学研究の出版物において、...
Type: 写真
2012-05-18
神経生物学研究ユニットの研究者らは、脳を構成するニューロンと呼ばれる神経細胞について調べています。直径わずか10ミクロン(1ミクロンは1000分の1ミリ)のニューロンの活動を視覚化するのに開発されたのが、極めて精巧な顕微鏡技術です。生きた細胞に蛍光蛋白質を遺伝子導入または付着させると、ニューロンはラベリングされ、特定の波長の光に照射されると発光します。また、ラベリングされたニューロンの活動が、...
Type: 写真
2012-05-18
Calyx of Heldは、中枢神経系において巨大なシナプス終末構造を持っています。このシナプスの特徴的な構造は、高効率のシナプス伝達、すなわち高速かつ信頼性の高いシナプス伝達に重要な役割を担うと考えられています。
Type: 写真
Subscribe to 種類:科学イメージ